2019年11月18日 (月)

吹き溜まり

Img_89861

天の川の星を集めたかのように、紅葉が吹き溜まりになっていました。

 

苔むした木の根の緑といい対比で綺麗でした。

 

 

2019年11月17日 (日)

光と時間の妙

Img_88361

 

Img_88401

 

Img_88321

 

ヒンヤリした朝です。

 

せせらぎに楓の葉がアクセントを加えていました。

 

 

”ちょろちょろ”と言うせせらぎの音のヒーリングは心地よいものです。

 

水面は葉の緑が反映されて気持ち良かったです。

 

 

*今日の写真は少し前に撮っていたものです。

紅葉と対比すべくとっておきました。

 

 

2019年11月16日 (土)

着物の柄

Img_48751

失礼な例えではありますが、西陣織の柄に見えました。

 

光の妙はいいですなあ~

 

葉っぱを透かすだけでなく、自分の心を見透かされているようです。

 

白い季節の前の一瞬の輝きです。

 

 

2019年11月15日 (金)

鐘楼

Img_89781

ひっそりとしたお寺の鐘楼にも錦が。

 

境内に聞こえるのは、鐘の音ではなく風に擦れる紅葉の音でした。

 

 

2019年11月14日 (木)

朝もやの里

Img_78561_20191113110501

静まり返った里の朝

 

世界を隔離するように朝もやで覆われていました。

 

燃えるような紅葉も闇から浮かび上がっていました。

 

 

2019年11月13日 (水)

芸術の秋?!

Img_90281

漆器に象眼された秋

 

 

実は手水鉢に張られた水に浮かんだ紅葉です。

ふと見つけました。

 

左右の色の違いは光の陰影を用いました。

 

手水鉢にカメラ向けている私を、周りの人たちは怪訝そうに見てました。

 

えっ?なんか変ですか?

 

 

 

 

 

 

2019年11月12日 (火)

また来年

Img_86471

花がお終いになった睡蓮池。

 

この時期、誰も訪れる人はいない。

 

低い西日が水面に反射していました。

 

 

2019年11月11日 (月)

モノクロームの世界

7d2_9119_20191111051801

この季節は鮮やかな錦秋の色と正反対の単色モノクロームの世界が共存します。

 

秋風は体にはちょっときつくなりました。

 

満開のすすき野原が逆光に光っていました。

 

 

 

 

めっぽう寒くなりました。

 

我が家のエアコンは暖房フル参戦です。

 

2019年11月 8日 (金)

秋色簾

5d3_08411

 

彩が綺麗な楓が流れ落ちる水流に映えていました。

 

 

 

2019年11月 7日 (木)

錦秋の峠道

5d3_08021

 

5d3_08211

ラクビ―・ワールドカップで賑わった岩手県釜石市の仙人峠付近です。

 

深い悲しみから引き揚げたくて、家内を連れ出しました。

 

亡き義母の写真も連れて。

 

しきりに窓の外に写真を向けていました。

 

雲一つない晴天のように、心も晴れてくれればいいのですが。。。

 

 

 

 

«ふと見たら

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30